質の良い睡眠取れてる? 質の良い睡眠取れてる?
眠りにお悩みのあなたへグリシン 眠りにお悩みのあなたへグリシン 1つでも当てはまるあなたにオススメ!

疲れているのになかなか寝つけない…

日中すごく眠くなる…

寝つきが悪い・眠りが浅い…

夜中に目が覚めることがある…

ぐっすり眠った気がしない…

実は眠りの深さが大事! レム睡眠とノンレム睡眠の相関関係のグラフ 眠りが深いほど成長ホルモンが分泌

最初の眠り
睡眠の質を高めるカギ

だけど生活習慣の乱れが睡眠に影響を!? 体内時計の乱れから不眠へ…

睡眠アミノ酸
「グリシン」

あなたをサポート!

購入はこちら▶︎

毎朝スッキリ目覚めるために 深部体温を下げる
深部体温を放出の図

「眠りやすさ」は脳や内臓の熱である「深部体温」と「手足など末端の体温」と密接な関係にあります。「深部体温」が低く、「手足など末端の体温」が高いほど人は眠りやすい状態になる、と言われています。
つまり、「手足の体温を上げて、体内の熱を逃がし、スムーズに深部体温を下げること」が、 心地よい睡眠をもたらし、翌朝のスッキリとした目覚めにつながります。

深部体温を下げるには

その1

入浴

入浴

40℃のお湯で30分の半身浴

その1

入浴

入浴

40℃のお湯で30分の半身浴

その2

深呼吸&ストレッチ

深呼吸&ストレッチ

その2

深呼吸&ストレッチ

深呼吸&
ストレッチ

ギザギザバクダン

その3

睡眠アミノ酸
「グリシン」

手足の血行を促し
深部体温を下げる!

メラトニンの分泌を正常に
おばあちゃんが安眠できているイラスト

睡眠ホルモン「メラトニン」は脳内で生成されるホルモンで、体内時計など生活リズムを調整する役割を持っています。メラトニンは「夜寝ている間」に多く分泌される物質で、朝の光を浴び体内時計が進むことで分泌が極端に少なくなります。

つまり、「正しい生活リズムを保つ」ことが重要です。また、加齢などでメラトニン分泌量が低下し、体内時計の乱れに繋がることもあります。

メラトニンの分泌を正常に保つには?

その1

スマホは使わない

就寝1時間前は
スマホを見ない!

ギザギザバクダン

その2

睡眠アミノ酸「グリシン」

メラトニンの分泌を促進!

アミノ酸だから安心!

購入はこちら▶︎

安心して起き上がる男性
食品だから安心!

グリシンは体内に元々存在するアミノ酸です。休息の質を高めるだけでなく、お肌や関節にも含まれるコラーゲンの1/3を形成しています。

こんな症状に! こんな症状に!

睡眠の質の低下に伴う
様々な症状に
悩む
あなたをサポート!

購入はこちら▶︎


Aromatasehemmer kaufen

Drostanolon